2008年10月02日

ダージリン飲み比べ《紅茶教室》

昨日は紅茶教室がありました。


今回は『ダージリンティー』


紅茶の中でも高級とされるダージリンティーは、
色は薄いのですが、香りがしっかりとして、
味も美味しく、世界中で好まれる紅茶です。


でもでも、ひとくちにダージリンと言っても、
茶園や茶葉を摘む時期によって、
全く味が異なります。


今回は、そんな奥深〜い紅茶の話ですが、
飲み比べることで、はっきりと違いを知ることができる会でした。


まずは同じ茶園のもので、
摘む時期が異なる3種類の飲み比べです。

20081001-1.jpg

同じところで育てているのに、
香りも味も本当に変わってくるから面白いですね。

色も違うので、見るだけでもわかります。

春摘みはハーブティーや中国茶のような香り豊かな感じです。
夏摘みは味もしっかりとしてきて、品がよくて美味しい紅茶。
秋摘みは色も香りもしっかりとして、
今までダージリンとして飲みなれている味がしました。

20081001-2.jpg



それからさらに違う茶園の飲み比べです。

こちらは全て春摘みである、
ファーストフラッシュばかりです。

ダージリンは紅茶の中でも高級といわれていますが、
中でもファーストフラッシュはとびきり高級で、
こんなにたくさんの茶園のファーストフラッシュを
飲み比べることができること自体珍しいのです。

こういった楽しい会ができるのも、
紅茶好きが高じて、直接インドやスリランカの茶園まで
茶葉を買いに行ってしまうという、
とってもバイタリティーの溢れた先生のおかげです。


摘む時期の飲み比べよりもはるかに味の違う
それぞれの茶園の紅茶の味に、
ダージリンっていっても、
本当に色々な味があるということを学びました。

20081001-3.jpg


今回はさらに先生から、
紅茶に合うケーキも教えていただきました。

もうずいぶん涼しくなり秋めいてきましたので、
今回は『マロンタルト』です。

とっても簡単で、
あっという間にできましたが、
ものすごく凝ったタルトに見え、
さらにものすごく美味しいお味に感動しました。

20081001-4.jpg

タルトを頂く時は、
マロンに合う『ルフナ』という紅茶を
先生がセレクトして下さいました。

お料理やケーキにきちんと合う紅茶を出すと、
さらに美味しさが増すんですね。
感動です!

ちょっと紅茶を飲みすぎて、
テンションが上がってしまいましたが、
きちんと味は覚えていますよ。



紅茶教室は
毎月第一水曜日の10時30分〜12時30分に
行なっています。

紅茶のお勉強プラス、簡単で美味しいケーキも学びます。

興味がある方は、ぜひ一度参加してみて下さい。

紅茶って、本当はこんなに美味しいんだって感じますよ〜☆彡



posted by atelier-foyer at 17:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。